地上波よりもVODが選ばれる理由

若者のテレビ離れが加速?テレビより面白いVODのサービス内容や料金

投稿日:

テレビ離れ VOD
テレビ離れが進んでいると言われるこの時代ですが、それにはちゃんとした理由があります。

はっきり言ってしまえば、テレビで配信されているコンテンツよりも、ネット上で配信されているコンテンツのほうが面白いのです。そのため特に若者の間ではテレビ離れが進んでいるわけですね。

「スマホでいつでも好きなときに見られるコンテンツのほうが良い」
「地上波テレビには同じような動画ばかりで面白くない」

そんなふうに考える若者が多いのです。当記事では「テレビ離れ」の理由と、ネット上で配信されているコンテンツの特徴、内容などについてお話しいたします。

地上波テレビはつまらない?若者のテレビ離れが止まらない理由

若者のテレビ離れが止まらない理由
若者がテレビを見なくなる「テレビ離れ」。これが進行している理由はいくつか考えられます。

まずはその理由をざっと挙げてみましょう。

テレビ離れの理由

①テレビのコンテンツ内容がつまらない
②テレビは好きなときに動画を見られるものではないため、不便
③テレビのチャンネル権を持っているのは親の場合が多い
④いつでも好きなときに動画を見られるスマホのほうが便利と感じる人が多い

これらの理由によって、少しずつテレビ離れが進んでいるのが現状でしょう。上記のテレビ離れの理由についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

①テレビのコンテンツ内容がつまらない

「テレビで放映されている動画の内容がつまらない」と思う方は多いようです。

民放はスポンサーからの広告費で成り立っているため、常にそのスポンサーの顔色を窺わなければなりません。

自由に番組を作るということはまず無理で、そのスポンサーの評判を落としかねない過激な番組は作るのを控えなければならないのです。でなければ、民放として会社を存続させることが難しくなってしまいます。

そのため、民放で放送されている番組は非常に当たり障りのないものになりがちです。

クイズ番組とか、食べ歩きとか、かっこいい主人公が悪を倒すだけのシンプルな勧善懲悪のドラマだとか、どこかで見たことのあるような退屈な番組が多く放映されています。

むろんそれを楽しめる人もいるのでしょうが、「飽きる」「つまらない」「退屈」と思ってしまう人もいるでしょう。

特に若い人というのは、物心ついた頃からスマートフォンや高性能なパソコンが手元あって、ネット上の過激なコンテンツに触れる機会も多いですから、どうしても地上波テレビの環境を「なまぬるい」と感じてしまいがちです。

このこともあって今の若い人たちは、テレビよりもネットのコンテンツを好むようになるのです。

②テレビは好きなときに動画を見られるものではないため、不便

これもテレビのデメリット、不便な点と言えるでしょう。テレビでは放送される番組の順番、タイムテーブルが決まっています。

何か見たい動画があれば、その時間にテレビの前にいなければならないわけです。深夜のアニメやドラマを見るのなら、その時間まで起きていなければなりません。

もちろん、録画をすれば後で見返すこともできますが、いちいち録画の予約を行うのも面倒ですし、録画のし忘れもあることでしょう。

一度見逃してしまうと、その動画を見るには再放送を待つか、DVDレンタルやネット上での見逃し配信を期待するしかありません。

ですが、レンタルが開始されるまでには時間がかかりますし、見逃し配信が行われていない場合もあります。

こういった点でテレビはどうしても、不便だと言わざるを得ません。いつでも好きなときに、好きな番組を見られないというのは致命的な欠点であると言えるでしょう。

今はパソコンやスマートフォンで好きなときに暇つぶしができますし、であればテレビではなくネットコンテンツに人々が流れて行ってしまうのも無理からぬことなのです。

③テレビのチャンネル権を持っているのは親の場合が多い

チャンネル争い
皆さんの家では、チャンネル権は誰が握っていますか?私の実家では昔から父親がチャンネル権を握っております。

子供の頃に、見たい番組があるのに父親が野球中継にチャンネルを合わせてしまって、結局その番組を見ることができなかった、という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。子供は家では好きな番組を見させてもらえないことも多いんですよね。

テレビが何台もある家ならいいですが、一般的な家庭では家に一台といった感じでしょう。

そうするとどうしても、子供は何か見たい番組があっても見られないという場面に遭遇することが多くなります。だったらスマホやパソコンでネット動画を見ようと考える子も少なくないでしょう。

これも若者のテレビ離れが進む一因となっていることは間違いありません。

昔の子供はスマホやパソコンを持っていなかったため、我慢するほかありませんでしたが、今の子供はそれらの端末を持っていることが多いです。

テレビを見ずにスマホやパソコンで暇つぶしをするうち、テレビを見ないのが当たり前になってくるわけです。

④いつでも好きなときに動画を見られるスマホのほうが便利と感じる人が多い

スマートフォンやタブレットなどの端末は、容易に外に持ち出すことができます。

見たい動画があれば、電車の中や仕事の休憩中、学校の授業の合間などにいつでも見ることができるのです。この点においてもテレビはスマホやタブレットに劣っています。

実際、スマホなどの持ち歩き可能な端末で、外で暇つぶしをすることもあるという方は多いのではないでしょうか。

好きなときに好きな動画を見る、そういった生活に慣れてしまうと、テレビを見ようとは思わなくなってしまうのも当然のことです。

以上の理由から特に若者の間ではテレビ離れが加速しています。

今は動画配信の時代!テレビよりも便利で楽しいVODを活用しよう!

VODの活用
若者の間で流行っている動画サイトは、やはりYoutubeでしょう。

小学生の将来の夢にYoutuberがランクインしていると話題になって久しいですよね。それくらい同サイトは人気なのです。

それ以外にも色々と、ネット上には面白い動画配信サービスがありまして、それは「VOD」と呼ばれる有料動画サービスです。たとえば、

などが「VOD」に当たります。これらのサービスを利用すれば、スマホやパソコンでの暇つぶしがより充実してくることでしょう。

VODのメリットは以下の通りです。

VODのメリット

①テレビよりも刺激的なコンテンツが多い
②いつでもどこでも好きなタイミングで動画が見られる
③海外のドラマや映画も見られる
④動画のダウンロードも可能
⑤見たい動画シリーズを一気見できる

これらのメリットについて解説いたします。

①テレビよりも刺激的なコンテンツが多い

VODのコンテンツ
VODにはテレビよりも刺激的なコンテンツが多いです。VODは利用者から支払われる料金によって成り立っているため、テレビに比べれば自由なコンテンツ作成・構成ができます。

たとえばAmazonプライムビデオで配信されている「ドキュメンタル」では、地上波では絶対に放送できないような過激なネタも披露されています。

その他にも、たとえば地上波のテレビではグロ系のドラマや映画はまず放送されませんよね。

たとえばゾンビもののドラマ・映画などは所々が不自然にカットされていたり、そもそも放送されなかったりします。

VODではそういった地上波では放送できないようなコンテンツも多数配信されているため、なまぬるいドラマや映画に飽きてしまったという方にとっては非常に有用だと言えるでしょう。

また、地上波では視聴率が取れないからという理由で放送されることの少ないコンテンツも、VODでは配信されていることが多々あります。

たとえばパチンコ・パチスロ、麻雀などの趣味系の動画や、心霊スポット探検などのホラー系動画、まだ有名でない監督が撮った前衛的なドラマ・映画など、様々なコンテンツが配信されているのです。

テレビは面白くない、見る気がしないという方こそ、VODを存分に楽しめるはずです。

②いつでもどこでも好きなタイミングで動画が見られる

そしてVODはいつでもどこでも、好きなタイミングで動画を見ることができます。

パソコンがあれば、そのサイトにアクセスするだけで動画を視聴可能ですし、スマホの場合はそのVODのアプリを起動させれば動画が視聴可能となります。

通勤通学中や休憩中、出張先への移動中や滞在先での余った時間に、スマホ1つで動画を見ることができるのです。

また、あなたのアカウント情報はWebサイト上に保存されますから、ネットカフェなどのパソコンからマイページにログインし、動画を見るということも可能です。

ネットカフェでジュースを飲みながら、大きなディスプレイで好きな映画を見まくる……まさに至福の時ですね。

もちろんテレビではこのようなことはできません。テレビ番組を見るにはテレビが必要で、B-CASカードが必要で、見たい動画の放送される時間にテレビの前にいなければなりません。

VODに比べれば遥かに不便です。これからはテレビではなくVODの時代になると言っても過言ではないでしょう。

③海外のドラマや映画も見られる

VOD 海外ドラマ
VODでは海外のドラマや映画も配信されています。海外の映画はテレビで放送されることもありますが、ドラマに関しては放送されることがほとんどありませんよね。

海外のドラマは日本のとは違い、シーズン1~10まであったりと非常に長いので、放送するとなれば枠を長期間確保しなければなりません。そのため地上波で海外ドラマが放送されることはほとんどないのです。

しかしVODでは、海外で大人気のドラマも多数配信されています。

大人気のゾンビドラマ『ウォーキングデッド』や、敏腕弁護士の活躍を描く『スーツ』、数々の超常現象の正体に迫るホラードラマ『ストレンジャーシングス』など、海外で非常に人気の高いドラマも配信されているのです。

筆者もウォーキングデッドは大好きで、短期間でシーズン9までを一気見してしまいました。

海外のドラマと日本のドラマの違いは、やはりお金の掛け方が桁違いであるということと、シナリオが重厚で見ごたえがあるということでしょう。

先述のウォーキングデッドでは、「これはいったいどうやって撮影したんだ?」と思わずつぶやいてしまうような、壮大かつド派手なシーンがたくさん出てきます。

日本のドラマに満足できないという方はぜひ一度ご覧になってみてください。

④動画のダウンロードも可能

さらにVODでは、一部動画をダウンロードすることもできます。スマホを使用するときにデータ容量を気にする方は多いでしょう。あまり使いすぎると友達と連絡を取り合うこともできなくなってしまいますからね。

VODで動画を見まくっていればどうしても通信量が大きくなってしまいますが、ダウンロードもできるので安心です。

ファストフード店やネットカフェに行って、スマホをWi-Fiに接続、その状態で動画をダウンロードすれば、動画のオフライン再生が可能となります。オフライン再生は通信を必要としないため、データ容量が減ることもありません。

VODをスマホで利用する場合に心配なのは速度制限ですが、各VODではその対策として動画のダウンロードも可能となっているわけですね。

この点でも非常に便利というか、親切です。

⑤見たい動画シリーズを一気見できる

そして最後に、見たい動画シリーズを一気見できるということ。これもVODのメリットだと言えるでしょう。テレビでドラマを見るとなると、次回の放送まで1週間待たなければなりません。

また1週間待つのかと思うと気持ちも萎えますし、次の回を見るときには前回の内容を忘れてしまっていたりするんですよね。

しかしVODなら、見たい動画シリーズを一気見することができます。1週間待つ必要もありませんし、前回の内容を忘れてしまうということもないでしょう。

この点においてもVODはテレビより優れていますね。

テレビよりも圧倒的に便利で面白いVOD!でもデメリットってないの?

上記メリットをお読みいただければ、VODがいかに優れているか、いかにテレビよりも便利で面白いかがお分かりいただけるかと思いますが、では逆にVODにデメリットはないのでしょうか?

ここではVODの弱点やデメリットについてお話しいたしましょう。

VODの弱点・デメリット

①基本的には有料サービスである
②動画のリアルタイム視聴はできない場合が多い
③複数のサイトで同じコンテンツの配信がある

これらの弱点・デメリットについてお話しいたしましょう。

①基本的には有料サービスである

AbemaTVなどの特殊な例を除き、VODは基本的には有料サービスとなっております。

月にいくらという料金が設定されていて、それを支払わなければ動画を見ることができないのです。地上波テレビが無料で見られることを考えると、この点はVODのデメリットと言えるでしょう。

ちなみに、大手VODの料金は……

VOD月額料金
Hulu933円/月
Netflix1,450円/月
U-NEXT1,990円/月
Amazonプライムビデオ4,900円/年(月額プランは500円/月)

となっております。最もコスパが良いのはAmazonプライムビデオですね。

これに入会すると動画が見放題になるうえ、Amazonでの買物に送料がかからなくなります。Amazonでよく買物をされる方は実質無料で利用できるサービスです。

このようにVODは基本的には有料サービスとなっております。決して料金が高いわけではありませんが、テレビという無料コンテンツに馴染んだ方は、お金を払うということ自体に抵抗を覚えるかもしれません。

あくまでテレビと比べればではありますが、VODにお金がかかるというのは一つデメリットと言えそうです。

②動画のリアルタイム視聴はできない場合が多い

さらに、VODでは動画のリアルタイム視聴はできない場合が多いです。

つまり、たとえばテレビで放送されているアニメがそのVODで配信される場合、数ヵ月経って一挙配信されるケースが多いということです。

海外ドラマや映画についても、現在リアルタイムでテレビで放送されているものや、劇場公開中の作品は、VODで見られないことが多いのです。

そのため、たとえば友達との会話に追いつけなかったり、またあるいはSNSで見たい番組のネタバレを目にしてしまったりといったことが起こり得ます。

これもひとつVODのデメリットと言えるのかもしれません。最新コンテンツを楽しみたいのであれば、テレビや映画館などに頼るしかないのです。

ただし、最近のVODには現在テレビで放送されているアニメを、テレビでの放送終了後すぐに見られるようになるサービスもあります。

AmazonプライムビデオやU-NEXTなどがそれに当たります。これらのサービスに入会すれば、できるだけ早く最新コンテンツを楽しむことができるでしょう。

③複数のサイトで同じコンテンツの配信がある

VODで配信されているコンテンツは、他のVODのコンテンツと重複する場合があります。

たとえばあなたがAというドラマを見ようと考えていたとして、そのドラマAが複数のサイトで配信されていることもあるということです。

これの何がまずいのかというと、その重複するドラマ以外のコンテンツはサイトごとに異なることなんですよね。

たとえば、そのドラマAを見るのに、①というVODに登録したとします。しかし、登録後にそのドラマAが他サイトでも配信されていることに気づき、しかも他のVODのほうがコンテンツが充実していて料金も安いとなれば、「登録しなければよかった」「最初から他のVODに登録すればよかった」となってしまいます。

したがって、VODを利用する際には、あなたが見たいと思う動画の有無だけでなく、それ以外のコンテンツ内容についても確認したほうがいいのです。さらに、他のVODでも目的の動画が配信されていないかどうか、事前に調べたほうがよいでしょう。

このリサーチや比較が多少面倒に感じてしまう人もいらっしゃるでしょう。なのでこの部分に関しては、VODのデメリットというよりは、面倒くさいところという感じです。

まったく同じアニメが同じタイミングで更新・追加されているようなケースもありますから、面倒ではありますけれども、後悔したくなければ事前にリサーチを行ったほうが良いでしょう。

若者のテレビ離れが加速している理由とおすすめVODまとめ

若者のテレビ離れが加速している理由とおすすめVODまとめ
以上、若者のテレビ離れが加速している理由と、スマホやパソコンでの暇つぶしに最適なVODのサービス内容、メリット・デメリットをご紹介いたしました。

VODはいつでもどこでも好きなときに動画を見ることができ、コンテンツ内容はテレビよりも刺激的で、ひと月1,000円~2,000円くらいの料金でドラマや映画、アニメ、バラエティなどが見放題になります。テレビは面白くないという方にこそおすすめしたいサービスです。

普段Youtubeなどをよく視聴される方は、ぜひVODを利用してみてください。テレビやYoutubeなどよりも面白い、ハマるコンテンツが必ず見つかるはずです。

  • この記事を書いた人

ドガミル

動画配信サービスを活用して、ドラマやスポーツなどエンタメ三昧の日々を送っています! 子供向けのアニメもたくさん配信されてますし、家族で活用してますよ! そんなオススメのVODを、わかりやすくご紹介していきます!

-地上波よりもVODが選ばれる理由

Copyright© おすすめ動画配信サービス比較!絶対損しないVODの選び方【dogamilu】 , 2019 All Rights Reserved.